チーム紹介 入会をお考えの方へ ギャラリー ブログ リンク


プロモデル以上のリトルモデル

7月8日 メジャー(6年生)南部ブロック9チームで50-70デモゲームを行いました

【2012年07月08日 20:04】
 南部ブロック9チームで50-70プログラム、デモンストレーションゲームを実施しました。
 戸惑いながらも、選手らはすぐに適応し、ゲーム後には意見交換を交え、問題点などを整理することができました。

 1.投捕間距離が延びることで、投手の危険性が緩和される。
 2.塁間が伸びたことで、内野の守備範囲が広がり、守備に見ごたえ。普通にゲッツー。
 3.牽制により、投手が投げることに集中できなくなるため、打者有利となる。
 4.リードに慣れた器用な走者は、確実に盗塁に成功。
 5.牽制を交えることで試合時間が伸びる。
 
 メジャーにおける50-70プログラム(塁間等の延伸)採用は、今日のゲームにおいても選手たちは、十分に対応でき、逆にこの学年では距離を伸ばした方が、体格的にも、体力的にも違和感が無いように感じる。 ただし、牽制についてはゲームが間延びし、これまでの様なスピード感のある野球ができなかったように感じる。
 今後どのような方針が示されるにせよ、早くの決定が望まれるところです。

戻る