チーム紹介 入会をお考えの方へ ギャラリー ブログ リンク


プロモデル以上のリトルモデル

7月6日 インターミディエット部門で泉佐野リーグがアジア・パシフィック大会優勝 (^_^)v

【2013年07月09日 22:18】
6月30日~7月7日まで、フィリピンで開催されたリトルリーグアジア・パシフィック大会のインターミディエット部門で、泉佐野リーグが優勝し、世界選手権大会(アメリカカリフォルニア7月30日~8月5日)の出場権を獲得しました \(^o^)/

リトルリーグアジア・パシフィック大会は、今年度、全カテゴリーをフィリピンで開催し、15か国、47チーム(男子野球5部門、女子ソフトボール4部門)の参加で開催されました。
野球においては、メジャーの部(11-12歳:日本は世界選手権出場枠(ザバス大会優勝チーム)を持つためアジア予選不参加)、インターミディエット(11-13歳)、ジュニア(13-14歳)、シニア(14-16歳)、ビッグ(16‐18歳)と11歳から18歳までの年齢ごとに部門が設置されています。

日本においての、リトルリーグは小学生までで中学からはシニア、ボーイズ、中学、高校野球など様々な連盟が存在しますが、世界では18歳までがリトルリーグとして活動しており、インターミディエット部門の創設にあたり、泉佐野リトルリーグにおいては、兄弟リーグで中学部の泉佐野シニアリーグの選手たち(中一7名、中二7名)でチーム編成したものです。

第1回大会で日本代表となり、このような機会を与えていただき本当にありがたいことです。選手たちは、本当にすばらしい経験をさせていただきました。
このインターミディエット部門の参加にあっては、日本ではリトルリーグ所属のリーグで、中学部を有するチームになると思いますが、チャンスのあるチームは、ここを目指すべきと考えます。世界大会を目指せるリトルリーグの素晴らしさを参加してみて、改めて感じました。

大会の様子は、”フェイスブック 泉佐野リトルリーグ ” にも写真をアップしてます。雰囲気を感じてみてください (^_^)/~

戻る