チーム紹介 入会をお考えの方へ ギャラリー ブログ リンク

2010年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Back Number




 トップページ / ブログ
納会
今年も無事に納会を迎えることができました。
恒例の「餅つき」を行いました。
お母さん方は前日の用意からと、いろいろ大変ですが・・
家ではほとんど行うことが無くなり、昔はお正月を迎えるにあったて、当たり前であった事が「貴重な体験」へと変わってしまった今・・
出来る限り子供たちに経験させて行ってあげたいものです。

noukai01.jpg noukai02.jpg noukai03.jpg
(07年12月26日 )

遠征の思い出

先日の「東海遠征」の思い出と題した作文を掲載しておきます。
全員の分を載せたいけど、紙面と労力の都合上いくつかにさせて頂きました。

作文・・

(07年12月16日 )

東海遠征

秋の遠征を今年は「東海連盟」への遠征となって。
8日、9日とも好天に恵まれて、無事終える事が出来た。

TOKAI01.jpg
津リトルの選手と記念撮影

8日の朝早くから出発して、まず「津リトル」さんにお邪魔した・
今秋の東海大会で準優勝したリーグ。
市街地の中にグランドが2面あり、大阪ではちょっと考えられない環境にビックリした。

試合後に、宿泊先の春日井市まで移動。

明けて、9日は「名古屋北リトル」さんへ
こちらも河川敷に3面のグランドとウォーミングアップのスペースもたっぷりあり、素晴らしい環境での2日間を過ごさせていただいた。
2日目は「春日井リトル」さんも来ていただき、「津リトル」さんとあわせて2日間で東海連盟の3チームとのゲームを経験させて頂き、貴重な体験をさせて頂いた。

(07年12月09日 | コメント (0)

サンスポ掲載。。

先日の「生野40周年記念」の大会結果がサンケイスポーツに掲載された。
久しぶりに「泉佐野」の文字が・・
嬉しいものである。

クリックすると大きくなりますが・・・

(07年12月04日 )

生野リトル記念大会・兄弟優勝!

昨日からの引き続きの「生野記念大会」
オールスター、マイナー共に2日目に進出する事ができ、連日の民族大移動・・
シニアのバスも繰り出して、バス3台での遠征と相成った・・

試合の方は、オールスータの準決勝のあと、マイナーの決勝、オールスターの決勝の順・・
まずは、オールスターが「尼崎北リトル」相手に6−0と幸先のいいスタート。
マイナーの決勝は宿敵「貝塚リトル」
さきの新人戦ではコールド負けを喫しているチーム・・
どこまで戦えるかと思ったゲームが、なんと接戦を物にして優勝してしまった・・

ikuno-002.jpg

これには、先に決められたオールスターも俄然気合が入り「よしっ!俺らも・・」と。。
好投手・榎本君を擁する「大正リトル」相手にいつも以上の集中力で、兄弟優勝を決めてくれた。

2日間好天に恵まれ、良いグランドを用意して頂いて、良い経験をさせてもらい、生野のおばちゃんに感謝、感謝!
いつまでも元気でリトルリーグの活動にご尽力頂ければと心よりお礼申し上げます。
「おばちゃん、おおきに!」

詳しくは・・

(07年12月02日 )

生野リトル記念大会

今日は生野リトルの創立40周年の記念大会に招待していただき、オールスター、マイナー両方での参加となりました。

開会式は、大阪では高校野球の決勝戦をも行う「舞洲球場」で行われた・
素晴らしいグランドでの開会式に、選手たちも興奮気味。。
それに、スーパーサプライズが・・
あの熱闘甲子園のテーマソングなどでおなじみの「西浦達雄」さんが、なんとアカペラで2曲も熱唱!
ミニライブにお母ちゃんは大興奮!
それにしても、会長の関西のリトルリーグでは名物の「生野のおばちゃん」(創立時からリトルリーグに関わっておられる方)の底力には恐れ入りました。
80を過ぎても、なお元気で活動されているのには頭が下がります。

ikuno-001.jpg
ベンチ前でメンバー発表

さて、試合の方はオールスターは1試合目は舞洲球場でのゲームを体験させて頂いて、大きなグランドに戸惑いながらも、「淀川」相手に永井の先制ホームランでペースをつかみ、上手く滑り出した。
続く2回戦の相手は「大和高田リトル」
この前の練習試合では敗戦を喫しているチーム・・
じりじりしたゲームで、1−1の時間切れ引き分け。
抽選で勝って、なんとか翌日へと。「運も実力のうち」と、ラッキーな勝利を素直に喜んで翌日も頑張って欲しいものだ・・

マイナーの方の相手は、秋のZETT杯のチャンピオン「高槻リトル」が相手。。
胸を借りるつもりでと挑んだゲーム。戦前の予想を大きく覆し、なんと9−3で振り切ってしまったのには驚いてしまった・
続く岸和田戦は1回戦の勢いを維持したまま、これも付け入る隙を与えず8−0で勝ちきって、翌日の決勝戦へと駒を進めた。
勢いと言うのは恐ろしいもので、この勢いを明日も続けられるかが・・さて

(07年12月01日 )